08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「very をつけられない形容詞」

メルマガの登録・解除は以下のリンクからお願いします。

●英語力がもっと伸びる英文法

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「very をつけられない形容詞」


次にあげる極端な性質を現す形容詞の前には、
ふつう very をつけません。

terrible, awful, wonderful, excellent,
marvellous, enormous, huge, massive, tiny,
exhausted, astonishd, amazed, delighted,
miserable, gorgeous, extraordinary

などです。

たとえば、terrible は、これ以上
悪くできないほどとても悪いという
意味なので、very をつけても
意味を強めることはできないからです。

しかし、really や absolutely
をつけることはできます。


【例文】

 The food was really terrible.
 「その料理は、とてもまずかった」

 The weather was wonderful.
 「天気はすばらしかった」

 They live in an enormous house.
 「彼らはものすごく大きな家に住んでいます」




参考文献
「日本人に共通する英語のミス121」
ジェイムズ・H・M・ウェブ
<ジャパンタイムズ刊>

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■無料メールセミナー【英文法コツコツ講座】
新しいメルマガはじめました。中学英文法から英文法の解説をしています。

●英語力がもっと伸びる英文法
学校では教えてくれない英文法のポイントを解説


関連記事
スポンサーサイト

Secret

スポンサードリンク

英日専門ウェブサイト翻訳(英語→日本語)
http://www.websitehonyaku.com/

プロフィール

知って得する英文法 ~ 中学英語から

Author:知って得する英文法 ~ 中学英語から
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンタ

ブロとも一覧

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

注目リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。